« 2007年04月 | メイン | 2007年06月 »

2007年05月 アーカイブ

2007年05月15日

初めの一歩♪

こんばんは。

ここにたどり着くまで、本当に沢山の時間と大勢の方々のご支援を頂き「難産」でしたがお陰様で本日産声を上げる事が出来ました。

そして、今日はこのHPを手掛けて下さった『熊のぷーさん』を思わせるお優しいSEの「K氏」がブログ書き込みのご指導をして下さり、こうして皆様に初めてのメッセージを書きこめるようになったのです。(嬉!!)

まだまだ、未完成の部分もありながら色々なアイデアで楽しいHP&ブログにして行ければ良いな〜と願っています。これから進化していきますので、お楽しみにして下さい!

HPの産声と反対に、今日でお別れをしたケアマネが一人いたんです(泣;)
春は、新しい出会いと別れとが交差する時期ですね。

それぞれの思いの中で信じる道がどうか光に満ち溢れている事を願ってやみません。
そして、ここで頑張って道を切り開こうとしている沢山の思いもまた幸せの道を辿れます様に。

%8FH%82%BF%82%E1%82%F1%82U.jpg

2007年05月18日

すごい一日

今日一日の出来事・・・・。とてもデンジャラスな一日でしたっけ。

その1 朝からデスクの配置換えで大騒動(汗;)
・・・夕方の1時間くらいで済ませようと思っていたのが、早く片付けたほうが良いかな〜?と感     じた私は朝礼でスタッフの協力を仰いだのです。

ところが、コンセントやなにやらの具合で、思うような作業が出来ない事が判明!!
試行錯誤しながら、予定にない移動が始まり、結局終了したのがお昼。

その間まるで引越しの様な状態だったので、スタッフと「終わったら引越しそばだね」なんて冗      談を言っていたくらいでした。

その2 事務所では「引越し状態」が続く中、突然トイレから悲鳴が上がったと思えば、もともと流れに不安があるトイレの調子が悪く、水があふれ出てしまったではありませんか(泣・・・・・)

「スッポン・スッポン」を何回繰り返しても今日のトイレは頑固でしたネ〜!!

三人で「痛み分け」と言いつつ雑巾で床に溢れた水の処理を行いつつ、試してはまたあふれ出しの繰り返し。    

ただ、この作業中も、「こうして後で流れた時って気持良いんですよね〜」なんて結構余裕のあるコメ  ントも登場。みんな嫌な作業ななずなのに明るい笑い声が聴こえてくると本当に有難い・・・・・。

いつか、専門業者さんにお願いしようとして電話をしたら、「我々が行っても結局同じ作業をするんですよ。違うのは、『流れろ!!!』と強く念じて作業するかどうかですかね〜」と言われた事を思い出し、しっかり力を入れて圧を加え続けたら・・・・・・・・成功!!

確かに「ズズズー」っと水が流れていく瞬間は気持ちよく、安堵感一杯でしたヨ。

その3 トイレもデスクも整い、PC環境を確認し、やっぱり「引越しそば」を食べに行ったんですね。

皆で、楽しい会話で盛り上がり大笑いしていたら、一人の天丼に「○○ブり」を発見(冷汗;)

お店の方に伝えたら、その分の料金は無しにして下さったんです。おまけに『そばクッキー』を出して下さったらその瞬間もうすっかりクッキーの美味しさ談義に。私達ってホントに単純。

「○○ブリ」に当たった彼女は気の毒でしたが、もしかしたら同じタレを他の人も味わっていたのか   も知れないと、トイレの件といい、汚い事も皆でシェアーだねと一件落着!?

このくらいの事で、「気持悪〜い。もう食べられな〜い」などと軟な泣き言を言う者もおらず、本当に逞しい部下を持って幸せ!

今日は急な配置変更や、アクシデントにもうろたえず、その場に居る者全員が嫌な顔をせずにお互いの事を気遣いながら作業に取り組むスタッフ達を見ながら、「臨機応変に対応してしかもユーモアで切り返せる素敵な人達だな〜、これって一体感だな〜」とつくづく感心し、嬉しい一日でした。

その4 締めくくりには、介護福祉士を目指すスタッフの研修。

何時も現場で出来ているはずの事が基本に戻って「声かえ」や「動作の援助」を行おうとすると、本当にギクシャクして、やはり身に付くまでは繰り返していく事が必要なんだと痛感です!あっとほ〜むに新しい所長が誕生し、その所長の元で皆が頑張ろうとしている姿を見ていても本当に嬉しいのです。

本当に今日は何だか忙しい一日だったけど、その代わり思い切りその状況を楽しめた「お得な一日」だったかも知れません。

みんな、楽しませてくれてありがとうね♪ そして、お疲れ様でした!

2007年05月25日

レモンの意味

%90%B6%83%8C%83%82%83%93.jpg


しばらくの間、このレモンの写真だけポツンと置き去りにされていました。

スタッフも「何だろう?」と不思議に思っていたようです(ウフフ・・・)

実はね、居酒屋さんの「生レモンサワー」のレモンなんですが、私にとっては記念すべきレモンちゃんなんです!!

幸せな事に私はこの時初めて「男性」にレモンを絞ってもらったんです!! (確か・・・初めてだと・・・・)

「な〜んだ、その程度の事?」と笑わないで!!

『鍋奉行』とかなんとか、とにかく今までの私は一緒にお食事に行くと、いわゆる「世話焼き」に徹しながらしっかり自分の分も食べる名人だったんです。

ある時私の親友は「美味しいお鍋だったのに貴女が来なくて残念だったわ〜」と電話をしてきたんですね。私も「本当に残念!私も行きたかったわ〜」なんて気楽に受け流していたら、「だって貴女が居たらもっと楽チンに食べられたのに〜!」と言うではありませんか・・・・・( ;;)   

何時もは私がせっせと皆さんのお皿に取り分けるのにその時は彼女にその役が回ったんですね。

そんなこんなで、結構内輪では重宝がられているので、お店の方以外にしかも、「男性」に親切にされた経験が乏しいのです(悲・・・)

誰?! 吹き出して喜んでいるのは!!

BUT!! 悲しむ事無かれ!!   
日頃よりその類の幸せに慣れていない人間は、『私が絞りましょう』と言いながら、ナン粒もある種まで綺麗によけてグラスにそれを注いでくれた事が超〜〜嬉しい事に思えたのです。

単純と言えば本当に単純ですよね〜。でも確かに心地良い時間でした。

でもね、これは普段の色々な出来事にも共通して言えることだと思っているんですよ。

愛される事ばかり望んでいたり、自分の待遇ばかり気にしたり、人からの承認がないと自分の価値を決められなかったり・・・・・・。

もっと、もっと、もっと・・・・と相手に望む事が多くなるにつれ、幸福感は希薄になるような気がします。
小さな幸福に気が付かず、大切な物を見失ってしまう。

感謝する事を忘れたり、疎かになっていると、本当に見事に自分にしっぺ返しが降りかかります。

親切にしてくれた「彼」はきっと他の人にもいつも親切なんだと思います。
上司だからとか、何かを期待しての行動ではなく、自然にそういう振る舞いが出来る人を私は尊敬します。

私達はご高齢者との関係を上手く築く為に、色々と苦慮するところがあります。

ただ、一つ永遠に変わらない原則は「優しさ」なのでは無いでしょうか?
何時もイライラしている自分と人に優しく声をかけられる自分とどっちが好き?と聴かれたら後者ですよね。

相手もどっちを選ぶかと聞かれれば、声高に仕切られるのと、優しい言葉をかけられるのではやはり後者でしょう。

忙しかったり、上手く行かない事があるとつい、前者になってしまうかも知れません。

そんな時は、一個のレモンを思い出すことに致しましょう。

人それぞれに幸福感は質も量も違うでしょう。
皆さんにとっての『レモンちゃん』は一体何でしょうね?

ちなみに、この日いい気分で同じ「生レモンサワー」をお代わりしたところ「第二の彼」が『今度は僕が絞ります』と代わってくれましたが、性格の差はあるものです。ナン粒もの種は見事にグラスに注がれました(・・;)

About 2007年05月

2007年05月にブログ「古谷社長の独り言」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年04月です。

次のアーカイブは2007年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35