« 2020年02月 | メイン | 2020年04月 »

2020年03月 アーカイブ

2020年03月02日

こんな時ですが・・・


  ベタ・・・・天国へ


3月2日(月曜日)


新型コロナで世界的に大変な事になっています。

勿論会社の中でも、私事でも様々な規制の中で過ごす毎日です。

この週末も「どうしても」という約束以外は自宅でじっとしていました。

春から飼っている熱帯魚のメンテナンスも延期する訳にいかず、手洗い、消毒を目の前でして頂きながら、水槽を綺麗にして頂きました。


すると、豊かに育った水草の陰に赤ちゃんが数匹いるとの事🐟🐟~~~

お母さん魚は多分、尻尾の付け根にミッキーさんの模様があるプラティです♪

以前も何ぴきか生まれましたが、育つことなく姿を消したので、今回は大きくなってくれる事を願って、事ある度に水槽の中の赤ちゃんを探して過ごしました。

一番の心配は大きな魚に食べられてしまう事です。

その心配の種が『ベタ』でした。

大きなヒレを優雅になびかせて泳ぐ姿はなかなか素敵でしたが、このところ元気が無く、赤ちゃんを食べる様子も無く、老化しているのだろうと思っていた翌日に動かなくなっていました。


生き物には命の終わりが有るものですが、ベタは存在感が大きかったので、なかなか辛いです。

5㎜くらいの稚魚が生まれた数日後に7㎝もあるベタちゃんが居なくなる・・・・。

自然界の営みの一つを魚たちに見せてもらいまいた。


人間は新しく得体の知れないウィルスの大きな影響で右往左往していますが、ホンの少し気持ちが和む時間を設けて、ストレス過剰にならない様にしたいものです。


2020年03月13日

お手紙

3月13日(金曜日)


新型ウィルスによる影響が収まる気配を見せません。

そんな中、数か月病気で治療をしていた非常勤のスタッフさんが元気な姿を見せて下さいました。

計画的な治療を一旦終え、その成果に主治医もビックリしているとの事。

元気と言っても、まだ油断はできませんが、ご本人の元々の性分でしょうか、張りのある声と満面の笑顔で治療の経過を話して下さいました。

そして、『治療でモチベーションが落ちた時に社長のお手紙を何度も読み返してどれだけ励まされたか・・・。本当に有難かったです・・・』という言葉と同時に封書を差し出しました。『この中に私からの手紙も入っています。後で読んで下さい』と手渡されました。

ひとしきりお話を伺い、後で読んだ手紙はとても達筆で、ご自身の思いが素直に言葉になっていましたので、本当に感激いたしました。

難しい病気の治療に立ち向かっている人にどんな言葉をかけていいのか、時と場合によって本当に迷います。


苦しい治療を乗り越えて、笑顔でお手紙をご持参下さった事を本当に有難く思い、むしろこちらの方が励まされた良い時間でした。

2020年03月23日

人と話して学ぶ事


3月23日(月曜日)


この週末、桜の綺麗な公園で『花見』をしていると友人からLINEが来ました。

通常なら当たり前の光景ですが、この時期ですので少しギョッとしました。


日本全国、皆が少しづつ我慢を続けている昨今、誰かが我慢から解放するプランを言い出したのでしょう。

格闘技のイベント開催も物議を呼んでいます。

いつの世でも、どんな場所でも色々な人が色々な判断をするものです。


1月の後半から外部の方々とお目にかかる機会が確実に減っています。

企画している勉強会もどんどんキャンセルが続き、個人的にお約束をしていた方々とのお約束も先延ばしにしています。


しかし、先日久しぶりのお誘いに少しの時間を割いて出向いたところ、思わぬ収穫がありました。

自分一人では気づきようが無かった事ばかりです。


人様とのご縁を大事にすると、ご褒美(沢山のヒント)が頂ける!!と有難い気持ちと同じくらい、反省の気持ちも湧いてきました。


反省の思いを抱くきっかけは、何と言っても対話です。


何となくモヤモヤしている時に、ヒントさんが現れてポツンと一言授けて下さいます。


私も、誰かのヒントさんになれる人物でありたいと思います。


2020年03月30日

桜の気持ち・・・🌸


桜満開なのに・・・雪❆❆❆∼~

3月30日(月曜日)


身の回りに起こっている事実を受け止めない限り前には進めません。

どうして、こんな事になっているのか・・・・?

多くの人達が理不尽で不自由で靄がかかった状態を良しとは思っていないと思います。

『在宅ワークを』・・・と言って、それができる職種の人達はどれだけいるのでしょうか?

医療人や福祉の関係者は身の危険を感じても、恐怖心と闘いながら自分の出来る事と向き合っています。

小さな子供が発熱しても危ういウィルスが原因か否か・・・検査が直ぐに受けられない不安・不安・不安・・・・。

都内でも毎日何十人という感染者が明らかになっています。

その方々を治療する為に、また院内感染を引き起こさない様にと、極度の緊張を強いられています。

今朝、有名な方の死が報じられました。

感染が分かってからあっという間の死です。

何だか、親戚のおじさんを亡くした様な喪失感を覚えます。


この悪しきウィルスの為に医療崩壊が起きようとしている瀬戸際に、薬の飲み過ぎで救急搬送された公人のニュースを知った時、この人は何の為に、誰の為にこの仕事に就こうとしたのか?投票をしてくれた人の幸福を欠片も思っていないのか・・・。
不幸な事故かも知れないけれど、この人の命を救うために、疲れ果てている救急隊員が、医療人が一生懸命になって働き、そしてベッドが一つ塞がるのか・・・と人としてちょっと嫌な事を思いました。


自分勝手、自己満足の優先、根拠のない自己肯定感の強さを持った人は、周囲に困った事を引き起こします。

自立の上に自律出来る人にならなければ、誰かの為に貢献などが出来るはずがありません。

桜は自分で季節を察し、芽吹かせ、花を咲かせます。

綺麗に咲く時には春の陽気で皆が嬉しくて、沢山の人々に『綺麗だね』と褒めちぎられるはずなのに、いきなり雪をかぶるとは思っていなかった事でしょう。

だからと言って、すぐにすねたり凹む事もなく、しっかり自分の使命を果たし寿命を全うさせます。


〇〇市の80台の男性が亡くなりました。という訃報を何十回聞く事よりも、バカ殿があっという間に亡くなったというニュースの方が、怖いと思います。

自分の大切な人が急な終わり方をしたらどんな気持ちになるのかを、自らの命を持って教えて下さったのかも知れません。

桜に雪が積もった変な日に、変なおじさんは逝ってしまいました。


2020年03月31日

隙あらば・・・・

体温計に混ざった温度計💦


3月31日(火曜日)

いよいよ年度末。

毎年こんな表現をしていますが、今年は毎年とは違った気の使い方を強いられています。

就業規則には「自己保健義務」という項目があり、自分の体調管理に責任を持つ事が定められています。

逆を言えば、会社は社員の皆さんに対しての安全管理義務があります。

今回の様に見えない敵に対して、安全管理を取り計らうという難題・・・・。

今日初めてスマートフォンに厚労省からの体調チェックアンケートが送られてきました。

いまや日本人のスマートフォンの持参率は75%。

その位置情報で人の集中がどうなっているのか追いかけられるし、一斉アンケートも実施できる訳です。

こんなに簡単な事をどうしてもっと早く実施しなかったのか不思議なくらいです。


LINEを使って8300万人に行った健康状態調査。いくつかの項目は注意喚起にはピッタリです。

37.5度以上の発熱の有無・・・・。

遅ればせながら、社内での検温と記録を開始しました。

出勤時と午後の勤務開始の時間、そして帰宅時の3回。

面倒な事だとは思いますが、『気づかなかった』『知らなかった』では手遅れです。


しかし医療に係わる事業を行っていながら、体温計が足りません。


あるのは非接触型が3台と腋下タイプの体温計。


ここは、早く届くところから仕入れなければ・・・・とネットをさぐって今日届いたのが黄色い代物。

早速計ってみると、私の体温は33.2度・・・・・💦

他のスタッフも同様です。

変だと思って良くよく見ると体温計ではなく、『温度計』でした。

どさくさに紛れて出店していたのでしょうが、他の画像は全て本物の体温計・・・。

道理で、この黄色が良く目立った訳です。

しかし、注文の決定打は『翌日配送可』の一言。

他は(本物の体温計は5~10日かかります)配送が随分先になると思って即決したのですが、まんまと引っかかってしまいました。


なるほど、道理で工具見たい・・・と思いました。


これを利用するのであれば、食事やスープの温度を測ってやけどさせない様にお食事介助に活用するくらいでしょうか?

お風呂や足浴の温度管理にも役立つかも知れません。

こんな時だからこそ、慌てず、確かな情報を持って対応するべきだと痛感しました。

About 2020年03月

2020年03月にブログ「古谷社長の独り言」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2020年02月です。

次のアーカイブは2020年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35