« 2020年11月 | メイン | 2021年01月 »

2020年12月 アーカイブ

2020年12月14日

久しぶりに・・・・

12月14日(月曜日)

師走に入ったかと思ったらもう既に中日を迎えようとしています。

前回の書き込みから1か月

長い間色々な事を題材にこの場に書き込んできましたが、今年は本当に辛い年でしたので、明るい話題を探してみたとしても、それが相応しいのか?と思っただけで書いた文字を消す毎日でした。

さりとて、コロナの話題はわたくし達の様な仕事をしている身にとっては余りにも深刻ですので・・・・。

さて、連日配信されるメルマガを読んでいたところ、全く別の方からにも関わらず、似たような内容が届きました。

どちらも企業の管理職に向けてのメルマガですので、内容が似ている事は良くありますが、同日に届くというのは、(目にとめる)何か理由がある様な気がしています。


共通する事は、自分の思考、生き方に影響される人が人材を引き付けると言う事です。

当然と言えば当然ですが、一緒に働いている人達からネガティブビームを浴びた時には自分自身も同じようなエネルギーを発信しているから・・・・という説には少しドキッとしました。


また、同類親和の法則に基づいて管理職、社長はどんな場面でも、相手を育てる、最後まであきらめない、見捨てない、そして見返りを求めない・・・という親心を貫抜く姿勢が大事だと。


その結果、多くの社員はいつの間にか人に親切で、人を慮り、痛みがわかる、そのような人間に成長するもの。

どんな場面であっても、今の役割を担っている事は自分が選んだことです。

その役を仰せつかっている限り、自身の姿で、言葉でお手本を示す事がお互いの為になると言う事を二通のメルマガから読み取らせて頂きました。

ところが、昨今この『親心』という神通力が効かなくなっている実感があります。

関係性の希薄さ?

忍耐力の軽減?

現実逃避?


堂々巡りしながら、休日のキッチンで野菜を刻みながら出す答えは結局『私が至らないせい』

全ての出来事が自分発信であることを受け入れられると、肯定的な諦めに持っていけます。

どんな事にも愚直に向き合っていく以外に無い!そう思えるとモヤモヤから解放されます。

2020年12月23日

気が付けば・・・・

12月23日(水曜日)

年の瀬も押し詰まって、いつもなら晴れやかな気持ちで忘年会やクリスマスにちなんだイベントで楽しいひと時を過ごすこの時期ですが、残念な事に今年はみんなで我慢です。

そうは言っても、街のあちらこちらには綺麗なイルミネーションがキラキラしていて、遠巻きに見たりテレビで眺めるだけでも心がウキウキします。

先日、照明デザイナーの第一人者の方が建造物のライトアップについて語っておられました。

東京タワーを様々な色に変える事、桜や紅葉などの花見は昼間だけでなく、夜の美しさも楽しんで欲しいと、それは見事な像を描いていらっしゃいます。

その昔は、お寺さんなどは夜に行くものでは無く、怖いイメージでしたが、専門家の照明により昼間に見るよりもずっと建造物の素晴らしさが伝わって来るようになり、沢山の方が興味を抱くようになったようです。

世界中の方々が命と向き合い、どうにも気が滅入る一年でしたが、お陰様で何とか無事に年越しできそうです。(油断大敵ですが・・・)

ただ、単純に綺麗なものを綺麗だと思える事。当たり前に手に入れていたようですが、今年は当たり前のことが当たり前でない事を嫌と言うほど実感しました。

その中で出来る事を見つける工夫をしたのも事実です。

怖い思いも、不安な思いもそれが次への原動力になれば良し!

キラキラ✨の力に助けられて、元気を出して前を向こうと思います☆彡

2020年12月28日

年末の独り言

12月28日(月曜日)

あわただしく2020年が過ぎようとしています。
本来であれば、東京オリンピック、パラリンピックが開催され、多くの外国人が訪れ、それはそれは賑やかで華々しい一年であったはずですが、大変残念な事になりました。

しかし、大事な人達の命、生活を守る為に一企業の社長として12月分の給与振り込みが完了した際には、本当にホッと致しました。

大げさに言うなら、この事だけ取りこぼさなければ他の不行き届きに関しては片目をつむって、お許し頂きたい・・・という気分です。


しかし、しかし、お給料の振り込みが出来るというのは、社員一人一人がこのご時世の中、罹患することなく、粛々とお仕事を続けてきてくれたお陰様の上にある事です。

新型コロナウィルスに関しては、世界中の誰もが初めての体験を強いられた訳ですので、右往左往したのも仕方がありません。

お正月を迎えようとしているこの時期に、健康でいられる事、温かくして、それなりに美味しいご飯を頂ける事はこの上ない幸せな事です。

用事があって久しぶりに電話をした相手はオランダに在住していました。
薬局と日用品のお店以外は全てクローズされており、外出もままならないとの事。

日本では、エライ方々が何かに理由をつけて『お食事会』に参加していますが、このゆとり感の中で、収束するとすれば、ある意味世界中に誇れるかも知れません。

今年の年末年始のお休みは、あっという間です。
長いとどこかにフラフラしたくなるでしょうし、身体や気分が弛緩して体調を崩す事がありますので、丁度良いかも知れません。

相変わらず年末は落ち着かない気分ですが、明日の仕事納めまでしっかり務めを果たして、つかの間のお休みに入る事といたします。

About 2020年12月

2020年12月にブログ「古谷社長の独り言」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2020年11月です。

次のアーカイブは2021年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35