« 2011年03月 | メイン | 2011年05月 »

2011年04月 アーカイブ

2011年04月01日

おめでたい一日♪♪♪

%E5%85%B8%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%935%E5%B9%B4%E8%A1%A8%E5%BD%B0.JPG
  ≪ 5年表彰♪ ≫

今日から、世の中では新年度です。

地震の日からもう三週間。今年は桜の花さえも、咲くのを控えている様な何となくもの悲しい春です。

被害にあわれた方々の多くは卒業式や入学式も迎えられない現実があり、その事を受け止め、東京近郊の学校や会社でも入学式・入社式はひっそり行われる様です。

我社でも、18日に予定していた懇親会を中止し、節電の為に照明を落とし、終バスまで点けていた看板もスイッチを切るなど、できる事は継続しています。

その中で、明るい出来ごとが重なりました。

一つは、結婚!(私ではありません・・・・)
二つ目は、ヘルパーが介護福祉士試験に合格した事!
三つ目が5年表彰者が新たに生まれた事!


医療機関や福祉業界は飲食店に続き、社員の定着が悪いと言われ、特に介護業界はその印象が強く、困ったものと思っていました。

昨年から今年に掛けて、5年表彰者が介護部門で続いていましたが、今日のメンバーは訪問介護の現場に出続けての5年!!!

どんな5年も尊いのですが、社会人のデビューをうちで果して以来、実直に頑張り通した若い力に私自身が励まされています。

年齢が若いにも関わらず「年上の後輩」の指導を役割とし、前向きに進むと同時に悩む姿も見てきました。


重度障害を持った利用者さんの要望を身体で覚えようと、帰宅後もお母さんを相手に何度も何度も痰を取る練習を重ねたとか・・・・・。


そんな地道な努力が今日の彼女を作っているのだと思い、表に見える事だけが全てではない事を教えられました。

暗いニュースが続く毎日の中でも、今日は私にとって、とてもhappyな一日だったのでした。

2011年04月11日

さくら・桜・サクラ

%E3%81%8A%E8%8A%B1%E8%A6%8B.jpg
 ≪ 枯れないサクラ ≫


大震災から1か月・・・・。

例年、桜の開花が早まっていたのに、今年は木々さえも開花して良いのか迷ったのか、やっと満開を迎えました。


4月の入学式の記念写真には、きっと素敵なショットが撮れた事でしょう。
この頃は、3月の卒業式のイメージがつき始めていましたが、やはりこの花は新しい門出に相応しい気がしています。

景気が良かった頃の花見には、社会人の一年生が場所取りの寒さ対策で、ホ〇ロンが良く売れたものでした。

入学式と言えば、自分が小学校に入学した時に校庭に咲く満開の桜の下で、「友達になってくれる?」と、打ち明けている男子とそれを告られている美恵子ちゃんのすぐ側に私がいる場面を思い出しました。

告白されているのが私では無いのに、妙に鮮明にその場面が浮かんでくるのです。
多分、横にいる私を見て、その男子が「良子ちゃんじゃないからね」と念を押した様な記憶が・・・・・・。

三人とも鉄棒にぶら下がりながら、何となくの会話だったのでしょうが、その男子はきっと美恵子ちゃんの事が好きだったんですよね。その子がこの事を思い出すとすれば、「その時さ~、横に邪魔者がいたんだよ」なんて言うのでしょうか?

大人であれば、空気を読んで、さり気なく席を外すでしょうが、何と言っても6歳児。
それは、許して頂戴!

「府中市立第六小学校」のウン十年前の思い出ですが、今でも、校歌を通しで歌えるのは、この小学校だけなんですね。

この校歌は詞も曲も美しく、母もこの校歌が大好きでした。(姉・兄・兄・私・弟がお世話になったのですから、何回も耳にした事でしょう)

桜の花びらが舞い散る場面で、懐かしく感じる思い出を呼び出せるのは、本当に幸せな事です。


私が、後年色々な事が思い出せなくなった時に、「綺麗な流れ多摩川に・・・・」と歌い始めたら、桜の下で友達と過ごしている、あるいは母と一緒に歌っている6歳に戻っていると思って優しくして下さい。(誰へのメッセージ?)


さて、写真の花は桜の造花・・・桜のサクラ?

区内には桜の名所が沢山ありますが、本物の桜見物は出来そうでなかなか出来ないのです。夜はライトアップも無く、何となく物悲しい夜桜ですが、これも本来の風情でしょう。

自粛と節約・・・・。この事で、私達は自然の中で生かされている事に改めて気付かされた思いです。

2011年04月23日

引き寄せちゃいました

%E6%AF%8D%E6%A0%A1.jpg

≪ 母校・・・小学校編 ≫

昨夜、若くて綺麗で働き者の素敵な女性と久しぶりの再会。

20代の1~2年は変化も大きいのかも知れませんが、何となく以前逢っていた時の彼女の雰囲気とは少し違って、「お姉さん」になっていました。

それもそのはず、いつもと同じ様に綺麗に手入れされた左の薬指にリングが・・・・。

お年頃だし、彼がいても当然♪ と思いきや、何と結婚されたとか!!

ハハ~ン。それで落ち着いた雰囲気が漂っていたのですね。

人材募集のお手伝いでお目にかかって依頼、当たり前ですが話の中身は仕事の事。
お互いの個人的な話はその流れの中で想像する程度。

でも、昨夜は全くのプライベートでしたから、色々な話をしました。
その中で出身地の話になり、彼女が「府中なんです」と話してくれ、「えっ!私も子供の頃に住んでいたのよ」と答えると「えっ!どこですか?」「新町」「私は隣の天神町です」「小学校は?」「六小で、五中です」「えっ!?ホント!後輩なのね~!」と握手に至ったのでした。

そして、例の校歌の話になり、二人でうろ覚えながら、三番までつなぎつなぎ歌ったのでした。  もちろん、お店の中ですので、コソコソッとでしたが・・・・。

不思議な事って本当に有るんですね。

営業でお目にかかる方は沢山いらっしゃいますが、個別にお目に係る率は低く、まして数年ぶりでも時間を作ってでも逢いたいと思う方は本当にまれです。

その相手が最近何故か懐かしく思いだした校歌の学校の後輩だったとは・・・・・。

仕事場での私の印象は「少し頑張り過ぎ」に感じたとか。
娘に「お母さん、もっと力を抜いたら?」と気遣われている様でした。

でも、仕事場以外の私はチョイチョイ小ネタを引っ張り出します。
それに素直に反応してくれ、可愛い笑い顔を見ると私自身も楽しくなってきます。

そして、「こんな面白い所もあったのだと、安心しました」と。

何て思いやりのある素敵な人でしょう。ACジャパンのCMに起用して頂きたい位。

女達のおしゃべりは尽きる所は無いのですが、もっと沢山の面白い話は次のお楽しみにして、名残惜しみながら解散。

今度逢う時迄には、ちゃんと校歌を三番まで歌える様にしておきます♪♪♪~

About 2011年04月

2011年04月にブログ「古谷社長の独り言」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年03月です。

次のアーカイブは2011年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35